どうして検査が必要なの?

2014年夏から日本国内でもCBDを含む製品が流通するようになりました。しかしながら多種多様な事業者の参入は、高級品から粗悪品まで存在することになり、重金属、残留農薬、微生物混入などの安全性への懸念を招くことになりました。実際にアメリカFDA(食品医薬局)によるCBD製品の抜き打ち検査により、ラベル表示よりもCBD含有量が極端に少ない製品があることが明らかになりました。
当協会のCBD製品検査・認証制度は、CBD製品のCBD含有量が表示通り含まれているかの品質検査を実施し、国内でCBD製品を取り扱われる業者様が、ご利用者様に安心・安全をご提供頂けるよう普及推進を目的としております。

Comment on this FAQ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です